賃料に消費税が課税

オフィス

色々なコスト

会社を運営したり士業をしたりするとき、自宅ではなく賃貸オフィスを利用するときがあります。人数が少ない時や創業時は自宅で行った方がコストが安く済みます。しかし自宅は一般的には住宅街にあり、お客さんなどが来る業務となるとなかなか運営が難しくなります。登記なども事務所のある場所になるでしょうから、住宅街が住所になっているところだと信用の部分では得にくいこともあります。オフィス街にある賃貸オフィスなら信用も得やすく、仕事もしやすくなります。賃貸オフィスは一般の賃貸住宅といろいろ違う点があります。賃貸住宅を利用したことがあるからと安易に契約してしまうと後で後悔することにもなりかねないので、十分注意して物件探しなどをした方がいいでしょう。そして大きく異なる点としては賃料に消費税がかかることかもしれません。賃貸住宅では消費税がかからないので、10万円の物件なら10万円のみを払えば済みました。賃貸オフィスでは消費税が付くので800円を追加して支払う必要があります。消費税ぐらいと感じるかもしれませんが、将来的にずっと払い続けないといけないので結構負担になる費用になります。物件選びをするときは、表示されている金額が消費税込みなのか抜きなのかをチェックしておきましょう。そして消費税を意識して適正な賃料の物件を選ぶようにしましょう。都市部となると10万円で借りることは難しく、数十万円かかるところも多くなります。より消費税が重くのしかかるので、最初から消費税を意識した物件選びをしないといけません。