適切な場所選びが大切

男女

利便性とコスパを考えて

中央区は文字通り23区の中心に位置します。銀座や日本橋などには主要な地下鉄路線が通り、八重洲エリアはJR東京駅があり新幹線やメジャーな在来線を利用できます。そのため利便性に関しては他区を圧倒しているのが特徴です。実は賃貸オフィスを選ぶ際には、この利便性を重視する事が大切です。と言うのも多くの企業等は本社機能が中央区やその周辺に点在している事が多いので仕事上、何かあっても非常に対応が早くできるからです。そのためネットで検索をかけますと多くの賃貸オフィス物件が出てきます。そこで次はコストパフォーマンスを考えて選ぶ事が重要になります。事務所の規模はどれ位を想定しているのか、最寄り駅はどこが自分にとって適切なのかを決めてから賃貸オフィスの候補を絞って早めの決断をした方が良いです。というのも、多くの物件が紹介されているとはいえ前述の様な立地の性格上、中央区エリアの空室率は数パーセントと非常に低いため相手もすぐ他の方は入ってしまうというケースが多いからです。なので最初から想定する条件を明確にした上で候補を絞り込み即、現地を見せてもらった上でさっさと入居先を選ぶ事が必要です。例えば一人事務所なら30平方メートル台で月10万円台の物件が多くありますので、思ったほどのコストにはならないと思います。逆にある程度の人数を抱える場合は、それなりの賃料になってきます。50〜100平方メートル辺りになると数十万円になります。ただ築年数や物件の設備等も賃料に反映されてくるので、それらがご自分に必要かどうかを取捨選択すると、それなりの規模でも案外リーズナブルに借りられます。中央区に事務所があると、それだけでも箔が付くように見られたりするので是非、適切な賃貸オフィス選びをして今後の事業活動を成長させて欲しいです。